ヤマゲラ!営巣木・・・その後

5月13日に営巣木と思われる木を見つけてその後を観察。

本によるとヤマゲラは雌雄とも抱卵し、抱卵期間は14-15日、雛は生後24-28日で巣立つ。
本当は日を追って順次アップしていきたいところでしたが画像から場所を特定されて人が押し寄せるのもなんだし、問い合わせなんかきて場所を教えてあげれない歯がゆさもいやなので巣立ちを迎えてからアップしようと考えていました。

本当は色んな人に見ていただきたいのですが、子育て放棄なんかされたら大変・・・でもいつも良くしていただく鳥の師匠には教えたかった・・・まぁここを見つけている方もいましたが隠密と言うか暗黙の了解・・・それだけ鳥の世界は閉鎖的です・・・釣りの世界の方がまだオープンです・・・ホント。







そろそろ生まれたかな?と現地に着くとやはり営巣していました。







































まだ目も開ききれていないし毛も生えていない感じ、メスのヤマゲラがえさを運んでくると3羽が顔を出し
鳴きながら自分にえさをくれと主張します、これが結構な音量。
付近にいる動物やカラスなんかに見つからないかとヒヤヒヤもんです。

給餌の時に親鳥が巣穴に顔を突っ込んでする時は警戒心が薄いそうです、この頃は時折親鳥も巣内に入ったりもしていました。

自分の方はと言うとある程度の至近距離のため親にピンを置くと子にピンが・・・その逆もと言う感じでピントに悩み、木の葉っぱも多くて開けたところからだと警戒される等で構図に悩んだりとやってました。

もちろん待機中は自分も機材もずっと離れ、人や親鳥に見つけられない位置にいまして親鳥が近くの木に止まると付近の木々をブラインドに進入と言う気の使いよう・・・撮影も連写で短時間と言う感じです。

この時点ではえさをたくさんもらってすくすくと無事育って欲しいな~と言う思いがいっぱいで現場を後にしました。

続く。

Nikon D7000 SIGMA APO 50-500mmF4.5-6.3 DG OS HSM
[PR]
by river-smith-kuro | 2012-06-30 13:58 | バードウォッチング


<< 第11回全道少年U-10サッカ... 平日休みの強み? >>