カテゴリ:釣り・IOSオイルインプレ入り( 5 )

夏ヤマメ

ギャグ親父3人でプチ遠征!

いつもの休憩場所のコンビニで札幌へ転勤してしまった小学校からの友人と落ち合い、合計4人での釣行!

狙いはズバリ!尺ヤマメ!本流からの遡上時期にあたるこの時期自分にとっては7年連続で尺のチャンスを与えてくれた本・支流を目指す。(ここの渓では5年)

去年は都合がつかず釣行しなかったので通算記録は途絶えたが、そんな記録よりもここのヤマメは色んな意味で別格!

その分、魚に出合えた時の感動もまた大きいのである。



c0157704_11494083.jpg




どこまでも高い青空!強い日差し!真夏のコントラストが強い渓で親父4人の一喜一憂の釣りが始まる。

続きを読む≫
[PR]
by river-smith-kuro | 2008-08-11 12:54 | 釣り・IOSオイルインプレ入り

ヒラメ!パート3

東京から川鱸さんが来る!という事での2DAY,S!

一日目は川鱸さんと同行!

当初自分か?ひとしさんが案内するか?と言う事で前日まで打ち合わせをしていたが、今回は自分の方が時間が取れ一緒にヒラメ釣りへ行くことにする。

しかしヒラメ釣りは過酷で忍耐の釣り・・・上手く行くかな~?と不安要素大。



c0157704_21392293.jpg




道中お互い釣りの話しで盛り上がり、丁度干潮前後を挟むような形で実釣スタート。

続きを読む≫
[PR]
by river-smith-kuro | 2008-07-21 22:51 | 釣り・IOSオイルインプレ入り

ヒラメ!パート2

先週に引き続きヒラメ釣行!

今週の日曜日は若潮・・・グラフを見るとあまり潮の動きは無さそうであるが
サンデーアングラーの自分としては好条件を選べる立場では無い。

先週もそうであったのだが、ヒラメは居ても食わない・潮が動くと釣れるなどと良く言われるので
それに習い潮が動く時間帯の予想を自分なりにたててみた。

向かう先は初めて行くポイントなのだが、前日ひどんさんとM村さん夫妻で熱い釣りが展開された模様で実績もあり、期待して出発。

現地に向かう途中で帰宅途中のM村さん夫妻に現場への入り方なんかを聞き朝方にポイント到着する。



c0157704_23291180.jpg




活気のある漁港!暗いうちに外防先端を陣取るが・・・
かなり漁船の出入りが激しく投げ待ち(笑)ばかりしていた。

予想は当ったか?
[PR]
by river-smith-kuro | 2008-07-14 00:35 | 釣り・IOSオイルインプレ入り

噴火湾カレイ釣り

カレイのシーズンinという事で休みを合わせ噴火湾へ!

当初はもう少し早めの日付で設定していたのだが台風崩れの低気圧などで延び延びに・・・
今回も先週からずっと状況が良くなく風は落ちたが濁りは覚悟!と言う中での出航!


c0157704_2341136.jpg



今回はどうしても一人休みが取れなくて入れ違いでもう一人乗船!
山崎の漁港より4人での釣行となる。
写真のAbuもIOSオイルのチューン!
巻きも軽く仕掛けの落下もスムーズ!
着底時もそんなに気を使うこと無く釣りに集中出来た。

続きを読む≫
[PR]
by river-smith-kuro | 2008-06-05 00:27 | 釣り・IOSオイルインプレ入り

リールメンテ

ロックシーズン開幕に向けて

今シーズンはFlyとベイトの両刀使いで行こうと思う。
リールは釣行のたびにメンテしているが再メンテ!
写真はAbu アンバサダー5000C 75周年Anniversaryである。


c0157704_1143416.jpg



クロームボディーなのだが鏡面加工が綺麗でメンテを怠ると大変・・・
鏡越しに映っているのが愛用のオイルIOS-01である。

ベイトリールは投げる時縦軸に回転するリール。

飛距離をかせぐならさらさらした粘性の低いオイルを選択するところだが、さらさらしていると遠心力によりオイルが飛散してブレーキ内に入る事がありノーブレーキ・バックラ多発に・・・
しかもさらさらしすぎはベアリングの油幕切れにも繋がる。
ベアリングは意外に高回転で回るものであり、車のエンジン回転数と同等かそれ以上になる事もしばし・・・これが焼き付けば飛距離どころの騒ぎではない。
逆にネバネバと粘性の高いオイルだと飛散はある程度防ぐことは出来るが飛距離が落ちる。

それはなぜか??・・・それはニュートンの原理で遠心力によりオイルが外側へ飛ぶからである。
オイルの飛散は付けすぎによる事も起因するのだが・・・
通常のオイルはニュートン系!
しかしIOS-01は非ニュートン系!



c0157704_1375588.jpg




非ニュートン系には回転に対して中央に集まるという性質があり、ベアリング内にオイルが長く留まるという功績も期待出来る。
また常にオイルが行き渡る事でオイルによる微妙な抵抗もかかり、それによるバックラの軽減・フィーリングアップにも繋がる。

自分はいろいろオイルを試してみたが1年ほど前よりこのオイルを愛用。
さらさらしているオイルで回転してもオイルがブレーキ内に飛散せず優れものである。

みなさんも自家用車のオイルには結構気を使ってませんか?
同じで自分は日頃愛用しているリールにも気を使ってあげたいと思いこのオイルに行き着きました。



c0157704_147133.jpg




今回ギア部に塗るグリースも発売された!
試作段階から使用させて頂いているが、厳寒期の北海道でも固まりづらく分離する事無くギア・ドラグを保護していた。

ちょっとした事からここのメーカーのモニターをしており(バックマージンは発生しません)
使って良いものは皆さんで使用していただきたいと思い、自分のブログ内でもちょくちょくインプレ・宣伝してみたいと思います。

興味のある方はここのブログのお気に入りカテゴリより
IOS FACTORY since 1990 for professional anglerか
http://www.ios-factory.com/index.html
のアドレスより詳細をご覧ください。

このオイルの開発秘話はもちろんきっと作った方の気持ちも伝わるはずです。
[PR]
by river-smith-kuro | 2008-05-16 02:10 | 釣り・IOSオイルインプレ入り