タグ:HDR ( 9 ) タグの人気記事

予想は外れて・・・

月曜日の事なんですがジャンボ来ないかな~とお昼に空港へ。

はい!タイトル通りでございます。(汗)



c0157704_20545651.jpg




来たのは定期便~的なトリプルセブン、ANA BOEING 777-381(JA751A)
予想が外れたので当然シャッター切る回数も減りますが・・・ちらっといじって久々にHDR処理でアップします。

当日は同じ予想で来ていたたゆちゃんご夫妻とご一緒になりました。
お噂通りの気さくなご主人と一生懸命に飛行機を撮影されている奥様、少しの間ですが情報交換や雑談など
をさせていただきました。

函館空港もスポッターさんが増える中、楽しく出来ればな~なんて思ってます。(若輩者が生意気言ってますが)

こちらにもう一枚
[PR]
by river-smith-kuro | 2010-10-13 20:52 | 写真

久々に!

仕事がひと段落ついたまつさんとコラボ。



c0157704_23443090.jpg




↑HDR処理

Y本さんがまずは新調した竿に魂入れと!良いサイズのアブ。

そして挨拶がわりにまつさんがアブを!
[PR]
by river-smith-kuro | 2009-11-08 23:42 | 釣り

尺ヤマメを求めて!(最終~)

激戦区の渓へ・・・今年は8月の中ごろから3回・4日間通った。

半月ほど連続で通ったが数とサイズはそれなりに楽しんだ、でも尺サイズはまだ釣っていない。

自分では毎年9月の1週目までをここの最終と決めている。
理由はヤマメもこれからはスポーニング(産卵)の時期になるのでそっとしておいてあげたいからだ。

今回はY本氏とこの釣りの楽しさを教えてくれたチャーリーさんとの釣行。



c0157704_2323773.jpg



↑HDR処理

まずはチャーリーさんと合流する前に少し釣り上がる
[PR]
by river-smith-kuro | 2009-09-07 23:56 | 釣り

夏休み7日目

天気が良かったです。(笑)

気温も上昇するにつれ気分も上昇~!
涼みに川へ出かけようか?いやいや我慢でフライタイイングをしました。



c0157704_231884.jpg




マッチ・ザ・ハッチ用のストックはなんとかあるのですが、釣り上がり用の在庫が尽きてきた。
定番から自分の得意パターンを少々。

切羽詰まらないと巻かないタイプなので・・・(苦笑)


Nikon D700 TAMRON SP90㎜F2.8 Model272E
[PR]
by river-smith-kuro | 2009-08-15 23:24 | 写真

函館散歩!HDR




c0157704_2431497.jpg




他4枚
[PR]
by river-smith-kuro | 2009-03-12 01:53 | 写真

松前HDR

今週末は荒れ荒れですね~

釣りは出来そうにありません。
と言う事で先週撮った松前のHDR!



c0157704_20444516.jpg




その他3枚
[PR]
by river-smith-kuro | 2009-03-07 20:48 | 写真

せっかく雪が融けたのにね~

今朝起きたらワヤ(北海道弁)積ってましたね~



c0157704_144731.jpg





HDR

ホントやんやです。
[PR]
by river-smith-kuro | 2009-02-16 23:29 | 写真

結局・・・

今日は天候も悪く息子の机も届く日だったのでどこへも出かけず・・・

特にする事も無くHDRで遊んでました。(汗)



c0157704_23225894.jpg




フライでも巻けって聞こえてきますが・・・
[PR]
by river-smith-kuro | 2009-02-15 23:42 | 写真

HDR

前々回あたりからちらっとお見せしていた画像編集

タイトルのHDRとはHigh Dynamic Rangeの略であり、元々はCGや映画の分野で必要から生まれたもので現在はプロ・アマのカメラマンの間でも表現の手法として取り入れられている技法。

カメラ好きの仲間の間で話す露出の話題でもダイナミックレンジ(階調を識別することができる最小輝度と最大輝度の比率)の話しで階調を平均化すると(特に逆光時)のっぺりした写真になるとか中々思い通りに撮れなかったとか・・・・現在では平均測光や評価測光の精度も上がりそれプラスモードなどである程度の飛びや潰れには対応するカメラが増えつつありますが、不自然な感じになる事もしばし。

普通、写真というものは一部の明るさにしか露出を合わせることが出来ず、野外で特定の被写体に露出を合わせると、明暗の差が多ければ多いほど空は明るく写ってしまい、空に露出を合わせると被写体は暗くなってしまいます。

いわゆる白飛びや黒潰れという現象がそうで、画像の大半をこれが占めるとシルエット調やハイキーなど見せたい目的がある場合を除き、マイナスやプラスに露出を振る場合は構図を考えなければせっかくの写真が台無しになる場合もあり、気にしなければなんともありませんが、気になると気にはなるものです。(苦笑)

デジタルカメラのダイナミックレンジは銀塩フィルムに比べてかなり狭く(銀塩フィルムではラチチュード)ネガカラーが8EV位、ポジフィルムが5EV位で、デジカメは2~3EV位だと言う、これは失敗露出に対してのごまかしがある程度利く範囲の目安で、意外にデジタルはこの許容範囲が狭く露出にシビアだという事が言えるのかな。

HDRと言うのは、そのデジタルカメラの欠点を補う技法でダイナミックレンジを擬似的に拡張する技だ。


まあここまではプロローグ!一般的な講釈はこんなものですが基本は大事。

自分がHDRに興味を持ったのは全くそういう悩みからでは無くてとにかく見てすげーと思ったから。
写真というよりはCGチックですが流行っているようでコンテストなんかも開催されているようです。



c0157704_463790.jpg




過去画ですがこれは普通に露出と光なんかを合わせて撮ったもの。



c0157704_48934.jpg




こちらはHDR編集した物。
まだ詰めの部分の荒さは目立ちますが、ただ明るいだけでは無く、黒い雲や鳥のお腹の白さも表現出来ていて太陽部分の光はあまり変わらずです。

仕組みなんかはこんな感じ
[PR]
by river-smith-kuro | 2009-02-13 02:04 | 写真